• 三重県桑名市西別所996
  • 0594-23-8811

小児科

生まれて間もない乳児から中学生くらいまでのお子さんを対象にした診療科で、小児の内科全般を幅広く診療していきます。子どもによく見受けられる特有の症状や病気について診ていきますが、診察、検査、治療を行う際は、これからの成長や発達といったこともしっかり見据えたうえで診療していきます。(小児予防接種は予約にて実施いたします)

小児の診察でよくみられる症状は、発熱、鼻づまり・鼻水、咳(ぜんそく)、喉の痛み、腹痛、便秘、嘔吐、下痢、夜尿症(おねしょ)、ひきつけ(痙攣)などです。ただ上記のような、はっきりとした症状がみられなかったとしても、保護者の方からみて、いつもと様子が違う、具合が悪そうにしていると感じられるようであれば、遠慮なくご受診ください。風邪程度で医療機関へ行くなんてと思っていても、子どもの場合は容態が急変することも少なくありません。些細なことと感じても気にすることなくご受診ください。

また小児を診察するにあたって、細心の注意を払いながら診療を行っているのが小さなお子さんの診察です。自らの言葉で症状を説明するのは困難ですので、この場合はご家族の方から、いつもとどのように様子が違うのか、異変に気づいたのはいつか、などお話を聞くなどして、診断をつけていきます。このほか、不安や心配事についても遠慮なくおっしゃってください。

小児科でよくみられる症状(例)
  • 発熱
  • 鼻水、鼻づまり
  • せき、痰
  • 喉の痛み
  • ぜーぜーする
  • ひきつけ(痙攣)
  • お腹が痛い
  • おう吐、下痢
  • 便秘
  • 湿疹(ブツブツ)
  • 肌のカサつき
  • 機嫌が悪い
  • 泣き方がいつもと違う
  • 何となく元気が無い
  • 顔色が悪い
  • 食欲が無い
  • おねしょ(夜尿症) など
小児科で取り扱う代表的な疾患
  • 風邪症候群
  • 突発性発疹
  • インフルエンザ
  • 急性中耳炎
  • ヘルパンギーナ
  • 咽頭結膜熱(プール熱)
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 扁桃炎
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 麻疹(はしか)
  • 風疹
  • 手足口病
  • 溶連菌感染症
  • りんご病(伝染性紅斑)
  • 水いぼ(伝染性軟属腫)
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • ウイルス性胃腸炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支ぜんそく
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • おむつかぶれ
  • あせも
  • 細気管支炎
  • 肺炎 など

発熱や感染症の疑いがあれば、受診前にお電話を

当院では、様々な感染症からご来院されている患者様を守るための予防対策として、お子さんに熱の症状がある、もしくは感染力が強い感染症(インフルエンザ、水ぼうそう、はしか、おたふくかぜ など)に罹患した疑いがあるという場合は、事前にお電話にてお問い合わせいただくことをお願いしています。その後の受診方法については、受付スタッフが説明しますので、その指示に従うようにしてください。ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

TEL
0594-23-8811
住所
三重県桑名市西別所996
診療科目
内科・循環器内科・小児科
院長
羽場 一直
アクセス
三岐鉄道北勢線「蓮花寺」駅より 徒歩約6分
桑名市コミュニティバス 蓮華寺東停より 徒歩3分
:一般診療 
:土曜午後のみ14:00~17:00
休診日:木曜日、日曜日、祝日
※髙嶋医師の診察は月・火・水のみとなります。
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:30~18:30